WingEarth

断面の形状を細かく作成する

断面の作成時のパラメーター「誤差許容値」を小さくすることで、断面を細かく作成することができます。

 

 図1

 「誤差許容値」は断面を作成する際に、断面線からどれくらい離れた変化点まで採用するかどうかを決める許容値です。許容値を小さく取れば多くの変化点を採用して断面を作成します。

 

図2-1

 

Share on FacebookShare on Google+