WingEarth

バージョンアップ(1.0.17)のご連絡

WingEarthの最新版(1.0.17)を公開しました。

修正内容は下記の通りです。

 

機能改良
横断編集時に背景点群を表示できるようにしました。※1
メッシュから縦横断を作成できるようにしました。
エッジ上の点群から線分を作成できるようにしました。
点群から円柱を推定して作成できるようにしました。
円柱形状の点群の側面2点を指定して円柱を作成する機能を追加しました。
点群から作成した円柱の出力に底面と中心線を出力できるようにしました。
近距離の点群を詳細に表示する機能を追加しました。
法線色を赤緑青の3色の基本色から選択できるようにしました。
反射強度色を赤緑青の3色の基本色から選択できるようにしました。
面的な密度の確認コマンドを追加しました。
RIEGLのスキャナーデータ、rsp,rxpファイルの読み込みに対応しました。
シェープファイルの読み込みに対応しました。
点群の任意フォーマットの読み込みの項目に緯度と経度を追加しました。
FAROのスキャナーデータ取り込みの処理時間を改善しました。
座標取得コマンドで、緯度経度,反射強度,色を表示できるようになりました。
連続線の線形データを作成できるようにしました。
平面投影の時にスナップできない場合でも、標高を自動計算して連続線を作成できる機能を追加しました。
連続線、線分の構成点を図形プロパティで確認できるようにしました。
点群を既存のグループに追加できるようにしました。
フィルターした点群を削除せず、グループに登録できるようにしました。
削除した点群から一部を選択して復元できるようにしました。
削除した点群をグループにして復元できるようにしました。
断面データに名称を入力できるようにしました。
横断編集中の変化点がメインの点群画面で強調表示されるようにしました。
横断の不採用にした横断点を一括で削除する機能を追加しました。
横断画面の背景の点群について幅と延長を設定できるようにしました。
横断画面の背景の点群について点サイズと点色を指定できるようにしました。
横断画面の背景色と中心線の色を設定できるようにしました。
横断画面にグリッドを表示できるようにしました。
横断画面にルーラー線と距離を表示できるようにしました。
横断編集時にスナップ機能を利用できるようにしました。
横断画面にマウスカーソルのLHの情報やコマンドの状態を表示できるようにしました。
Wingneo INFINITY連携の機能で、WingEarthの縦断,横断,断面のLH形状を一括して、Wingneo INFINITYのCADで取り込めるようにしました。※2
Wingneo INFINITY連携の機能で、Wingneo INFINITYの横断をWingEarthの断面へ取り込めるようにしました。※2
セットアップ、導入ガイドをプログラムからダウンロードできるようにしました。
※1 推奨スペックを下回るPCをご利用の場合、マウス操作での横断点移動を何度も繰り返し続けると動作が不安定になる場合があります。プログラムの改修が完了次第、改めてご連絡いたします。
※2 連携に対応したWingneo INFINITYのプログラムが必要です。

機能修正
ビューワーの図形レイヤー管理で面表示の一括表示切り替えができていなかったのを修正しました。
PTSファイルの先頭に空白が含まれるファイルの読み込みに失敗していたのを修正しました。
現場情報の図形数が正しく表示されないことがあったのを修正しました。
その他、軽微な不具合を修正しました。
Share on FacebookShare on Google+