実験結果レポート

「第8回 GPS・QZSSロボットカーコンテスト2014」への参加報告

はじめに

10月18日に東京海洋大学越中島キャンパスで開催された「第8回 GPS・QZSSロボットカーコンテスト2014」に参加してきました。ロボットカーとは自律走行する車で、本コンテストはGPSや準天頂衛星システム(QZSS)を利用して、2つの競技「ダブルパイロンレース」と「QZSSスクランブル」を競う大会です。

 

※大会に関する詳しい情報はこちらからご覧ください。

 


 

アイサンテクノロジーの活動

robocar1

■競技コースの作成

●「QZSSスクランブル」:7×7マスのグリッドの周囲の点をトータルステーションPocket Neoを用いて杭打ちしました。

●「ダブルパイロンレース」:同じくパイロンの位置を杭打ちしました。

■大会専用アプリの作成

弊社のQZSS対応NMEAデータロガーアプリ「QzssProveTool」をベースに、QZSから配信されるメッセージを表示し、Twitterにつぶやく機能を搭載したものです。

■アイサン賞の提供

特別賞としてノートパソコンとハードディスクをご提供させていただきました。

robocar2


 

 主催・共催

■主催:一般社団法人 測位航法学会
■共催:準天頂衛星システムサービス株式会社
一般財団法人 衛星測位利用推進センター
公益社団法人 日本航海学会 GPS/GNSS 研究会

 

 

Share on FacebookShare on Google+