2017年9月

バージョンアップ(1.0.7)のご連絡

WingEarthの最新版(1.0.7)を公開しました。

新しくなったWingEarthをぜひご利用ください。

主な改良点

  • 利用するコンピューターを自由に切り替えることができるようにライセンス認証方式を変更しました。
  • ライセンスの利用状況をインターネット上のユーザーサイトで確認できるようになりました。
  • 密度を低減するフィルタリング機能を追加しました。
  • 標高のないプロットデータを取り込むときに、周囲の点群から標高を自動で計算する機能を追加しました。
  • プロット一覧から、標高のないプロットデータの標高を自動で計算する機能を追加しました。
  • 多角指定で点群選択を行うときに、画面を移動できるようにしました。(透視投影は除く)
  • LandXMLの線形データ取り込みに対応しました。
  • WingneoINFINITYと連携した断面のオルソ出力機能を追加しました。※

※ 連携に対応したWingneoINFINITYのプログラムが必要です。

Share on FacebookShare on Google+