開発ブログ

WingneoINFINITYのCADとの連携について

    20181018(1)

     

    WingEarthのバージョン1.0.19からWingneoINFINITYのCADと連携して、相互にデータをやり取りすることができるようになりました。

     

    この機能を使うと、WingEarthの3次元点群を利用してWingneoINFINITYで平面図や現況図を作成することができます。また、WingneoINFINITYで作図したデータもWingEatrhで標高値を計算して同時に3次元図形を作成できるようになります。

    ※連携機能を利用するには、 WingneoINFINITYのオプションが別途必要です。

     

    WingneoINFINITYのCADコマンド中はWingEarthから位置の指定が可能に

    20181018(2)

     

     

    WingneoINFINITYの作図と同時にWingEarthへ図形が登録

    20181018(3)

     

     

    オルソ画像で形状が確認しにくい場合でも、WingEarthで点群の状況を確認しながら作図することが可能です。

    手慣れたWingneoINFINITYのCADの機能をそのままに、平面図作成作業をサポートします。

     

    アートボード 4

     

    Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

    開発ブログ

    DWG/DXFの対応図形について

      図1

       

      WingEarthで扱う図形データは、DWG/DXFデータとして入出力可能です。

      対応している図形は以下の通りです。

       

      図形の読み込み(DWG/DXF → WingEarth)

      図2

      ※1 ブロック化されているものは連続線へ変換して登録されます。

      ※2 楕円弧には対応していません。

       

      図形の書き込み(WingEarth → DWG/DXF)

      図3

       

      アートボード 4

      Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page