公共測量や座標値に関して

地殻変動や地震等により日本の位置は動き続けており、また測量法における位置の定義が元期に準ずるため、結果非常に複雑な座標変換を行う必要があります。例えば、今GNSS等で取得した座標と、既知の測量基準点を利用する場合、その基準点座標の時期や地域によって整合性の取り方は異なります。適切な座標変換方法の選択の他、場合によっては実測を伴って整合をとる必要がある場合もあります。 測量業務の他、衛星測位や地図利用者に向けても適切な支援をいたします。
【セミダイナミック補正パラメータから見た日本の変動】
水平変動量 水平変動量 関東~関西地域の最大せん断歪量 関東~関西地域の最大せん断歪量