『センチメータ級測位補強サービスの利用とその品質の解説』

センチメータ級測位補強サービスの利用とその品質の解説

    2018年11月から準天頂衛星の4機体制の運用が開始され、その活用によって、測量分野では、従来型の基準点測量が不要になるなど、その活用範囲が広がってきています。

     

    当社技術顧問 松坂茂と中根勝見より、内閣府より示されているセンチメータ級測位補強サービス「CLAS」の精度の仕様の統計学的内容の解説及びCLAS利用にあたっての考慮すべき点などを解説します。

     

    PDFダウンロードはこちらから

    Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page