SD/Rとは

研究開発:Research and Development

    地殻変動の将来推定技術、空間推定の高度化、高密度化、急激な地殻変動発生時の評価手法の適正化等、セミ・ダイナミック リダクションに係る研究開発は、継続的に実施しており、パラメータや計算方法のさらなる性能向上に努めています。

     

    また一方で、JGD2011以外の位置情報の地図や、PatchJGD等の影響で部分的に測地成果が異なる地図、どのような座標系で作製されたか不明な地図等に対しても、対応方法の相談や、調査、または専用パラメータの提供も可能です。お気軽にご相談ください。

     

    お問い合わせはこちらから

     

     

    北海道胆振東部地震(2018.09.07)発生時の地殻変動量評価の例 国土地理院の情報や独自の検証を基に、パラメータへの影響を調査。

     

    【図】北海道胆振東部地震(2018.09.07)発生時の地殻変動量評価の例。

    国土地理院の情報や独自の検証を基に、パラメータへの影響を調査。

    Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page